教える技術

音楽は目に見えず

一瞬で消えてしまう

とても感覚的なものです


動画や音源などで形が残るようになりましたが

それはその一瞬を記録したものに過ぎず、

同じ曲、同じ奏者、同じ楽器でも

その時々で違った演奏になります

その時々で言葉が違う会話のように


コンクールの審査の機会も増え、自分なりに音楽を整理してみようと試みたこともありますが

膨大な関連事項に

あっという間に心が萎えましたw


そんなところに一冊の本📖

これをまとめるのに

どれだけの時間がかかったことか

とても参考になる一冊でありました。


B5サイズで約300ページ、結構ボリュミーなので軽く手を出す本ではありませんが、、、


私たち講師にはぜひ読んでもらいたい一冊。

将来レッスンに携わる学生さんたちにもオススメです✨


全てが全て納得というわけではありませんが、実践例が随所にでてきてわかりやすいですし、これを基に自分の考えを織り込んで整理し、実際のレッスンで試行錯誤したら、

間違いなく良い教師、良い音楽家になるなって感じです!



最近は私自身演奏に消極的になっていたので、

ちょっと気合い入れ直さなきゃですね😤

子供たちのコンクール準備も徐々に始まってきたので、

それぞれの目標設定を考える日々であります。

気づかぬ間に時間だけが過ぎていくことのないよう、大事に過ごそぉー🤔