クラシック音楽家のお仕事

秋は芸術の秋というだけあって、

あちこちでコンサートやイベントが増える時期ですね😊


秋なんて思っていたら、あっという間に12月。

気づいたらもう冬ですが❄️


今期はコロナもだいぶ落ち着いているので、音楽家たちの活動も活発になっております🎶

(あー、オミクロンとか聞きたくないー😵‍💫って感じです。)



そう、このコンサートやイベントごと。

皆さんは見たり参加したりすることの方が多いと思いますが、いつ頃から私たちが動くかというと…



だいたい一年前から動くことが多いです⭐️

規模にもよりますが、多くのコンサートホールは予約を一年前から受付けています。

人気の会場は土日が瞬殺で埋まってしまうので、会場確保が何より優先です👍🏻


ということで、

先日の教室の会議では既に来年度のお話です❗️

もうそんな時期か〜なんて思いながら皆んなで話し合っておりました🧚‍♀️

自分の門下発表会もそろそろ時期を決めなきゃな。



教室にはそれぞれ、教務というまとめ役の先生が何人かおります。

私もいつの間にかピアノ科の教務になり、教室行事の企画に携わっております📝

それまではこういったイベントは、大学の偉ーい先生方が決めて、諸々の雑務を教室ごと事務の方たちで処理しているのかなーなんて思っていたのですが、

企画立案から細部まで、全て教室ごとの教務会議で決められております。

それぞれの教室でカラーが違うのも納得です🤔


他の科の先生方の意見を伺ったり、事務の方たちと現実的なお話をしたり、先生方の間に入って色々処理したり


裏方的な仕事は好きなので、結構面白かったりします😀

予算は大学から引っ張ってこなきゃなので、ここの交渉が肝心ですが、頼れる教務、事務の方たちがいるので安心です☺️



「音楽家」は数百年前から皆兼業家。

コンサートで演奏したり、人に教えたり、オケや教室などの会社的なものがあったり、楽譜を作ってみたり、編曲する方もいるでしょうし、スタジオに入ってみたり、執筆する方もいたり

教室を開けば完全に自営業で運営しなきゃですしね👍🏻


ピアニストやヴァイオリニスト、◯◯istを目指して、音楽家になる方がほとんどでしょうが、意外に色んなお仕事があるのです🙆‍♀️


有名な演奏家であればもちろん、コンサートだけで暮らそうと思えば暮らせるでしょうが

結局レッスンは依頼されますしねw

意外と演奏だけを生業にしている人が少ない業界です⭐️




どんな業界に進むのか

色んな側面を見て

子どもたちが自分たちの道を決めてくれたらいいなと思います❣️

最新記事

すべて表示

先日はチャリティコンサートにお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました✨ 足をお運びいただけるだけでもありがたいことですが、チケット収益の他、当日は8万円以上の寄付金が集まったそうです🎊 そして後から知りましたが、出演者の方は皆さん無償で演奏いただいていたとは。。。 ご協力いただいたNPO法人の方は35年間もこのような演奏会に尽力いただいているとか。 皆さんの協力で実現した企画ですね。